新町ヨガ部

                ~HAPPY&ENJOY~~

☆内転筋☆

船場ヨガ部・骨盤調整ママヨガ chizuのクラス
7月のテーマは、
『縁の下の力持ち!内転筋を鍛えよう!』 です。
産後は内転筋がとても弱りがちです。
座るとき、膝は開いてしまいませんか?
立つ姿勢、歩くときも脚が外側を向いてませんか?
内転筋は、産後の身体のケアとキレイなボディラインには欠かせない
【骨盤底筋】の真下に位置しているため、
これを支えるのに大切な役割も果たしています。
内転筋を鍛えることで、骨盤底筋の働きを助けることができるのです!
骨盤をしっかり閉めてくれる筋肉ですので、
弱くなると骨盤の閉まりが悪くなり、
産後の骨盤の歪みにもつながっていきます。
ママヨガのクラスでは、とくに骨盤底筋を鍛えるようにし、
ママさんは足が外側に向きがちなので足の方向をまっすぐに向けるよう
意識づけしています。
ハタヨガのクラスも「内転筋」をテーマにしています。
ママさんに限らず、多くの方が鍛えないと衰えがちな筋肉です。
ヨガやトレーニングで鍛えることも大事ですが、
やはり普段の生活で意識することも重要!
【歩き方での意識のポイント】
・足の「親指」に軽く力を入れて歩く
・踏み出したとき、後脚の「内側」が伸びていることを意識する
かかとの真ん中と、足の親指をしっかり地につけるようにして歩いてみてください♪

●2019.8.1 8月のテーマ<新町ヨガ部・船場ヨガ部(ハタヨガ)>


8月のテーマ  『ねじるポーズでお腹スッキリ!』
           ~内臓から元気に~

      
             
<8月の必須科目> 
★シータリー呼吸法
★月のポーズ
★三角のポーズ
★ねじった三角のポーズ 
★パスチモッターナアサナ
★魚のポーズ
★肩立ちのポーズ、鋤のポーズ 
<週テーマ>
1週目  『コブラのポーズ、マリーチアサナⅠ、Ⅲ』
                       
2週目  『ツルのポーズ、バッタのポーズ、マリーチアサナⅠ、Ⅲ』
                      
3週目  『門のポーズ、アルダ・マッツェンドラアサナ』
4週目  『ねじった椅子のポーズ、両足を伸ばしてねじるポーズ、アルダ・マッツェンドラアサナ』
          
暑い夏には 、ねじりのポーズ、
前屈系の気持ちを落ち着かせるポーズがオススメです。
ねじりのポーズは、
内臓器官の活性化と消化力を高めてくれると言われています。
内臓のうっ血が取り除かれ、内臓が活発になります。
消化器系に刺激を与えて、整腸作用を高め、
また、便秘予防にも効果的とされています。
背骨をひねることで、脊髄まで刺激がいき、造血作用が高まり、血行がよくなり、
交感神経の働きを高めます。
また、この交感神経の働きは、夏の冷えを解消し、
内臓機能を整え、夏バテ防止にもなります!
ねじりのポーズは
ウエストの引き締め、背中の引き締めにも効果的!
体の中から美しく元気に!
8月もヨガで暑い夏を乗り切っていきましょう~!