Img_f34099b9732f858203a22868bd07435a60aa18aa
ターダアサナ=サマスティティともよばれます。

ターダとは「山」。

サマとは「直立」「不動」を意味する。
スティティとは「不動の姿勢」「堅固」を意味する。

したがって、ターダアサナは、しっかりと山のように立つポーズなのです。

ヨガの基本の立ち姿勢であるターダアサナ。
立ちポーズを行うときは、このポーズで始まり、このポーズで終わります。



ターダアサナは床ににしっかりと体を安定させ、

床に垂直になるようにまっすぐ上に立ちます。

姿勢を正して立つことで、堅固さ、静けさ、安定の感覚が養われます。



ふだん、わたしたちは正しい姿勢に注意を払うことは少ないです。
片方だけに体重をかけてる人、
あるいは片方の足が曲がっている、体重をかかとだけにかけている人、
あるいは足の外側だけ、内側だけにかけている人もいます。

これは、靴のどこがすり減っているかによって観察することができます。

まちがった立ち方によって、身体にゆがみが生じ、脊椎の弾力性が失われます。



ヨガでは骨格が正しい位置にある状態で筋肉を正しく動かすことで、
ポーズの効果を得ることができます。

バランスよく立つという感覚を身につけ、正しく呼吸することを学んでいきましょう!