Img_d919e0afe2a9c57bfb2f42cc75c8ab4a

寒さはまだ厳しいですが、2月4日は立春、暦の上では春です。

春の兆しが始まっています。


全くそんな気配は感じられませんね(^_^;)




人間の身体の骨格は、四季に合わせて変化していきます。


1月に後頭骨が開き、2月に肩甲骨が開き、3月に骨盤が開いていきます。


これが、春の身体に向けての骨格の変動です。


この3カ所が連動して開いていくことによって人間の生命力も高まっていくのです。





左右がそろい、全身がゆるみきったところで、


身体がだるく感じたり、やけに眠たかったりするんですね。


これが「春眠暁を覚えず」という、身体のお休みモードです。


春は体内にため込んだよけいなものを排泄する、整理・大掃除の時季なのです。





身体のバランスをうまくリセットできれば、


春~夏モードに入ったときに、


身体に備わっている本来の元気がうまく発揮されやすくなりますよ。




2月はリセット、スタートの時期。


毎回やっているヨガのポーズも一度リセットして


改めて見直してみるのもよいかと思います☆





基本のヨガのポーズ

立位の姿勢「ターダアサナ」から見直してみましょう♪


顧問chizuの☆ヨガ部塾    NO.3 「ターダアサナ」