Img_70bc82e3c9b3114276907c0f8e507bc5


「体幹トレーニング」って言葉、よく耳にしますよね。

そもそも体幹とは、どこを指すの?と思っている人もいるのはないでしょうか?



体幹とは、広い意味では胴体のことで、頭や手足を抜いた部分です。

これには背中や腰回り、お尻も含まれます。



狭い意味で胴体のインナーマッスル(深層筋)のことを指す場合の「体幹」は

「腹腔」(ふくこう・ふっこう)という部分です。

腹腔を解剖的に説明すると、


1.横隔膜
  肺の下にある筋肉で、呼吸とともに動きます。

2.腹横筋
  背骨からつながりお腹をぐるっと回っている筋肉

3.多裂筋
  背骨を支えている筋肉で、骨盤底筋とも連動とも密接に関わっています。

4.骨盤底筋群
  骨盤や内臓を支え、排泄などにも関わります。

この4つで、イメージとしては内臓を包んでいる身体の奥深くにある筋肉です。


また、この部分にかかる圧力を「腹圧」と言い、

腹腔内の圧力で排便・排尿を助けるほか、女性の出産の際の原動力にもなります。




体幹を鍛えると体全体が引き締まって、美しいボディラインを手に入れることが出来ますし、

姿勢が整ってくるので、見た目年齢も若々しくなりますね。


また産後も体幹の筋肉が弱っているので鍛える必要があります。


6月のchizuの骨盤調整ママヨガのクラスのテーマは、

「腹筋&体幹を鍛えよう!」

ですが、

体幹の説明にあったように、体幹に腹筋も含まれるのですが、


さらに腹筋についても、皆さんにもう少し知識を持ってもらいたいなと思い、

このタイトルにしました!



腹筋は大きく分けると、3つ。

・腹直筋(身体を縮める縦方向の動き)

・腹横筋(ひねりや横方向の動きを生み出す)

・腹斜筋(コルセットのように内臓を収納する役割)

でしたね!



体型を整えるだけでなく、姿勢を正し、体のトラブルを避けるためにも、

体幹&腹筋を鍛えましょう!!



Img_c4f523081cafb3b0d7395e0368c20c9b
Img_218348e0622d0210fc1de2d62160a5aa