Img_97429a83c4c274d38a64d0f01b8538f7

船場ヨガ部・骨盤調整ママヨガ chizuのクラス

7月のテーマは、


『縁の下の力持ち!内転筋を鍛えよう!』 です。



産後は内転筋がとても弱りがちです。

座るとき、膝は開いてしまいませんか?

立つ姿勢、歩くときも脚が外側を向いてませんか?



内転筋は、産後の身体のケアとキレイなボディラインには欠かせない

【骨盤底筋】の真下に位置しているため、

これを支えるのに大切な役割も果たしています。


内転筋を鍛えることで、骨盤底筋の働きを助けることができるのです!


骨盤をしっかり閉めてくれる筋肉ですので、

弱くなると骨盤の閉まりが悪くなり、

産後の骨盤の歪みにもつながっていきます。




ママヨガのクラスでは、とくに骨盤底筋を鍛えるようにし、

ママさんは足が外側に向きがちなので足の方向をまっすぐに向けるよう

意識づけしています。



ハタヨガのクラスも「内転筋」をテーマにしています。

ママさんに限らず、多くの方が鍛えないと衰えがちな筋肉です。




ヨガやトレーニングで鍛えることも大事ですが、

やはり普段の生活で意識することも重要!



【歩き方での意識のポイント】


・足の「親指」に軽く力を入れて歩く

・踏み出したとき、後脚の「内側」が伸びていることを意識する


かかとの真ん中と、足の親指をしっかり地につけるようにして歩いてみてください♪


Img_a20b1f60defe36c884a5e11c8ae21760

先日引退発表されたイチロー選手。

野球はくわしくないですが、
ホント、カッコイイ生き方をされてると思います。




イチロー選手が試合中によく行っているこのストレッチ。

よく見かけませんか?

股関節、すごく柔軟性ありますよね!


イチロー選手は、股関節の柔軟性をとても重要視されていたと、
聞いたことがあります。



股関節をほぐすことは、体のゆがみを防ぎ、怪我予防にもつながります。

とっさの動きにすぐ反応できるように、

イチロー選手は常に股関節を柔らかく保っていたのではないでしょうか。


Img_9882ec9289f535ef460eab2b34c56d74


ヨガでは英雄のポーズなど股関節を開くポーズがあります。

実践することにより、股関節の柔軟性が高まり、
骨盤の歪みの調整になります。


股関節が柔軟になると、、血液を流すパワーも大きくなり、
血行がよくなります。

・リンパの流れがよくなりでデトックス
・冷えやむくみに効く
・便秘に効く
・アンチエイジングに効く



逆を言えば、股関節が方い方は、血行が悪くなりがち。

冷えやすい、むくみやすい。。



春はもうやってきてますが

3月のこの時期は「老廃物を排泄すること」が大切です。


春に花が開くように、体(骨盤、肩甲骨)も自然と開いていきます。

冬の間に溜まった老廃物を体外へ出していくのです。

だからこそ股関節を柔軟にして骨盤をゆるめてあげるのが大事。



毒素を身体から取り除くことにより、

春先の疲れやだるさがなくなりますよ!


Img_4c0d19897626bd403a0bd0bc077a48e4

冬本番、一気に寒くなりましたね(>_<)

ヒートテックにレッグウォーマー、あったかグッズが手放せませんね。



12月はchizuの骨盤調整ママヨガは肩甲骨!

ハタヨガクラスも肩甲骨がテーマです。

やはり寒くなると、肩まわりに力が入ったりして、肩コリも増します。


先週、先々週とレッスンした次の日は肩甲骨の内側あたりがなんだか筋肉痛。

いつもあまり筋肉痛を感じない所なんですが。

きっとテニスボールほぐしして、

より肩甲骨周辺の筋肉が使えたのではないかな?と思います。



「筋膜リリース」って、

最近よく耳にする方も多いのではないかと思います。

筋膜リリースとは、絡み合った筋膜の繊維をほぐすこと。

姿勢が悪いなど一部の筋肉に過剰な負担がかかると、

筋膜の繊維が絡み筋肉が動きづらくなってしまうのです。

長時間のパソコンとかスマホとかもそうです。


筋膜リリースなどをせずに放置すると筋肉は本来の力を発揮できず凝り固まり、

また太る原因の一つとなります。

つまり、テニスボールでこのポイントをほぐすだけで、

表面の繊維がほぐれ筋肉の力を呼び覚ませるようになるということ。

筋肉の力が戻るということは、全身の基礎代謝UPにもつながります!


忙しく時間のないママにとってはテニスボールは救世主!

ママさんだけでなく、デスクワークなどで肩こりが慢性な方も!

コリコリをほぐして痛みもほぐれて効率よく身体を動かせるようになります!



仰向けになって膝を立てて、テニスボールを肩甲骨の周辺に当たるようにして、

体の重みを使って押しつぶすようにするだけ。

あと、うつ伏せで、鎖骨の下とかワーク脇の下の少し内側あたりにボールを当てるといいです。

肩甲骨と鎖骨は連動しているので、ここもほぐすと肩甲骨の動きを高めます。




私は肩甲骨と背骨の間の、特に上の辺りをテニスボール当てるとめっちゃ痛いのを発見。

抱っこ紐する事が多いからですかね。

重点的にやろうと思います!!


Img_377a5f8a3100a5029619a65ccf749520
Img_9d5211e7df76ba8047d0e3978cfb97b5

10月のchizuの骨盤調整ママヨガテーマは

「お尻のコリほぐし&筋力アップで骨盤調整」 です!


産後はゆるくなった骨盤、関節を筋肉が支えようとし、

お尻の筋肉などに過度な負担がかかり痛みが出たり、コリが生じます。

また抱っこひもすると、お尻も凝りやすいのです。



そもそもお尻って凝るイメージないかもしれませんが、

背もたれに寄りかかって座ったりして、お尻のトップがつぶれてしまうと

骨盤が後ろに傾き、お尻のコリを引き起こしてしまいます。


お尻の筋肉は、骨盤と足を繋いでいます。

なので、コリがあると骨盤が歪んだり、産後の骨盤も締まりにくくなります。


お尻は体の中でも大きな筋肉。

大きな筋肉を鍛えると基礎代謝も上がって、太りにくくなります!



今月はテニスボールでお尻のコリをほぐしてから、ストレッチ、

そしてヨガポーズでお尻の筋力アップしていきますよ!

今日は、皆さん痛~い!でも気持ちいい~!って仰ってました!



Img_8fd09ce9851699561dce2e030b00742d
Img_2b912049939d7a38b0775ebc9c4c7ca0

【ねじった三角のポーズ】

サンスクリット語では、パリヴルッタトリコナーサナと言います。

「パリヴルッタ=回転した」、「トリコナ=三角の」、「アーサナ=ポーズ」



太ももやふくらはぎ、ハムストリング、背中の調子を整える効果があります。


ねじっていく際、腹部を刺激し、内臓の働きを高めてくれます。




安定した下半身を作ることによって上半身がどんどん開いていくのです。


難しいけど、練習していくにつれ、愉しいポーズになってきます。




まだまだ油断してると身体の不調が出やすい時期でので、


ねじるポーズで内臓の調子を整えましょう☆




Img_af1c99c93cd6f6a09091004fee6a6b28

新町ヨガ部、水曜日18:30~、20:30~は

saki先生のレッスンです☆


新町では水曜の夜のクラスだけを担当してもらってますが、

船場ヨガ部ではクラスをたくさん担当していただいてます!

マタニティ、産後のヨガインストラクターの資格も取得されてるので、

産後ママヨガのレッスンも担当してもらってますよ。




7月11,2週目のハタヨガクラスは「三日月のポーズ」を練習してます♪

股関節の柔軟性、骨盤の歪みの調整、

また、鼠径部のあたりを伸ばすことによって、血行やリンパの流れがよくなり、

婦人科系の不調の改善に効果あり、むくみ解消にもなります✨


腰を反らさないようにして、

太ももの前側を伸ばし、胸を開くように意識して行ってくださいね!



saki先生のハタヨガレッスン
★新町ヨガ部 水曜 18:30~、20:30~
★船場ヨガ部 木曜 19:00~ 日曜 10:30~
★船場・産後ママヨガ 
金曜日10:30~(第1.3週目)
金曜日13:00~
土曜日10:30~
Img_16eb896f116c404e0150585bb099fdf3
Img_139d878dda4a1dad5b4fc995a47328e0

saki先生は、香川県の出身で、(うどんの国だけあって色白!)

見た目も、中身も穏やかで優しい先生です(*^^*)

声もやさしくて癒されます☆


船場ヨガ部では、一番多くレッスン担当してもらってるので、

教室の雑用などもしてもらったり、報告もきちんとしてくれて助かってます!

(ハーブティが残り少ないとか、トイレットペーパーがなくなりそうとか笑)

私も毎日教室に行けるわけではないので、

新町のめぐみ先生や船場の先生方には、色々お手伝いしてもらって、

今現在も、教室が存続できています。

本当有難いです。



saki先生のハタヨガレッスン

★新町ヨガ部 水曜 18:30~、20:30~
★船場ヨガ部 木曜 19:00~ 日曜 10:30~

★船場・産後ママヨガ 
金曜日10:30~(第1.3週目)
金曜日13:00~
土曜日10:30~

Img_79f9046dd024b49a1a05be0997dd7c76

骨盤調整ママヨガ、

chizuのクラス6月のテーマは、

「腹筋&体幹を鍛えよう!」です。


(体幹のお話は、長くなるのでまた次に!)


腹筋は大きく分けると、 腹直筋、腹横筋、腹斜筋があります。

どれも鍛えるのは大事だけど、特に産後は弱くなった「腹横筋」を鍛えましょう!



ハタヨガクラスも「腹筋」がテーマです。

夏に向けて、お腹まわり気になりますよね(*^^*)


「腹横筋」は腹筋群の中では最も深層に位置する筋肉(インナーマッスル)で

その線維は横向きに走行しており、

腹部の内臓をぐるりと取り巻くような構造になっています。

いわば天然のコルセットのような役割!

ベルトをぎゅっと引きしぼるような形で、

腹圧をグッと高めるときに働きます。

簡単にいうと、お腹をぎゅっと引っ込めるときに収縮している筋肉です。




「腹横筋」日常生活での効果

★腰の安定性が高まる(コルセットの役割!)

★体幹(胴体)全体の姿勢を安定させる

★せき、くしゃみがしっかりとできる
(くしゃみでぎっくり腰になる人いるよね。これも関係性あるかも)

★排便や分娩時に腹圧を高めて出やすくする

★ぽっこりお腹を引き締める


昨日のママヨガクラスでも、腹横筋や腹斜筋、いっぱい使いました!

「肘をついた板のポーズ」も最初はプルプルだけど、

だんだん長くキープできるようになってきますよ!

お家でも練習してくださいね!


Img_86275c7dc6543e2ce4ce3d02b7aecafc

GW明け、体がなんとなくだるくなったり、疲れが出だしたりして、

体調をくずしていませんか?



ここ最近、寒暖の差も激しいですね。

寒暖の差が激しかったりすると、自律神経が乱れやすくなります。

実はこれが体をだるくさせる原因の1つであったりするのです((+_+))



自律神経には

交感神経と副交感神経の二種類の神経があり、それぞれが相反する働きをしています。



交換神経は活動的になる神経で、副交感神経は休息の神経です。




そして自律神経と背骨は、密接な関係が!

自律神経は背骨を通っているのです。

背骨の歪みが生じると、自律神経にも乱れが生じます。



自律神経のアンバランスと身体の構造的歪み。

一見何の関係もないように思えますが、

実は、私たちの気づかない身体のメカニズムの中で密接な関係をもっています。




 自律神経の異常は、背骨、骨盤を歪ませる
         ↑↓
 背骨、骨盤の歪みは自律神経に影響する
         ↓
 血液・リンパ液の流れを阻害する
         ↓
 対応する臓器に影響を与える
         ↓
 各種病を引き起こす





背骨の歪みは、日常生活で何気なく行っている動作が原因になる可能性があります。


足を組んだり、横座りしたり、長時間のパソコン、どちらかに重心をかける姿勢、などなど。




産後のママさんだど、


やはり、抱っこなどで、骨盤で子ども支えたり、片方ばかりを使ったりしてしまうのは、


歪みの原因ともなります。


仕方がないのはすっごくわかるんですが、、(>_<)





ヨガの練習では流れるような呼吸と動作で、


背骨を前屈したり後屈したり、ねじったり、逆転のポーズで詰まった背骨を解放していきます。


尾骨から頭頂まで背骨を活性化させていきます。




自分で背骨が歪んでいるとか、目で見れないですが、


ヨガをしていると、左右どちらかやりづらい方があるとか自分で気づくことができます。


そうして練習していると、少しづつ変化が起こります。




一生付き合っていく自分の体。


あきらめずに、大切に、意識をもってケアをしてあげてほしいです。




自律神経を整えるためにも、背骨の歪みを正しましょう!


Img_1b97b8a4e98f50e066f9d628035475d1
Img_cd114192a95c41c2e92c839c9d0e977c


もう4月も終わりですね。

4月のレッスンは、「おしり」がテーマでした!

chizuの子連れの骨盤調整ママヨガでも、

「お尻のコリをほぐして骨盤調整 ~腰痛・冷え解消~」

とお尻をテーマに行いました。


2,3週目あたりには、ペアになってお尻たたきしましたが、

皆さん気持ちいい~~ってとろけそうな顔されてましたよ(*^^*)

お尻たたきと言っても、軽くトントンするだけでめっちゃ気持ち良くて、

腰が軽くなるのです!

お尻がこんなに凝ってて硬いんだなーと実感していただきました!


たまにはこんなペアワークで補助法やるのもいいですね。

やはり自分でやるより人にやってもらった方が気持ちいい~です。




お尻の筋肉が凝り固まってると、腰痛や冷えの原因になります。

デスクワークの方は特にお尻を動かさず同じ姿勢で固まりがちです。



お家でもお尻を緩めるストレッチやってくださいね!

写真のハッピーベイビーのポーズや、片脚を伸ばした鳩のポーズなど、

テレビ観ながらとか寝る前などにやりやすいと思います。


Img_f4dd665357a550243ff1c1a80f70186c


まだまだ寒くて
体が縮こまりますね~(>_<)

こんな時はネコの背伸びのポーズでリフレッシュしましょ!



肩、腰、背中がほぐれますよ♪

内臓も活性化!

ウエストくびれ効果もアリです(^O^)/



動作の中で、体がもっとも柔軟なのはネコだそうです。

ネコはしきりにあくびをしながら気持ちよさそうに伸びをしますが、
あれがネコの「若返り健康法」なのです。


このポーズはネコの動作から人間が学びとったもの。



人間も若さや美しさを生みだすためには、

心身がしなやかでなければいけませんね~(^_-)-☆


Img_676d4104514d78a40dbda56a2fa687e0