●2019.9.5  9月のテーマ<船場ヨガ部(骨盤調整ママヨガ・産後ママヨガ)>

Img_86a13d675b3cfa84406e928cd1f10775
★骨盤調整ママヨガ(chizu)★

『腸腰筋を鍛えて正しい姿勢作り』


腸腰筋は腸骨筋・大腰筋・小腰筋を総称した筋肉で、

身体の最も重要な筋肉の一つです。

本来の機能としては股関節の屈曲、つまり脚を持ち上げるために働きます。

産後の女性はこの腸腰筋が短縮されていることが多く、

その筋短縮のために腰骨が引っ張られて骨盤を前傾させます。

いわゆる反り腰です。


その結果、腰痛を引き起こしたり、ヒザや足首につながる筋肉に負担がかかったりして、

身体の姿勢保持に悪影響を及ぼすことにもなります。



《腸腰筋を鍛える効果》

ウエストのくびれ、ぽっこりお腹解消、

ヒップアップ、姿勢矯正、便秘解消

代謝アップ、腰痛改善など。





Img_b6998b66ac266f0c292227b14b3ad26a

★産後ママヨガ(masumi)★

『内転筋を鍛えて内ももを引き締めよう!』



●2019.9.1 9月のテーマ<新町ヨガ部・船場ヨガ部(ハタヨガ)>

Img_20a76d0a8e6d89fe76dcdf4bd0a72aa7

9月のテーマ  
『股関節を柔軟にして美脚になる!』

             
            
<9月の必須科目> 
★片鼻呼吸法
★三角のポーズ
★英雄のポーズⅡ
★立位の開脚前屈
★ブリックセツバンダアサナ
★座位の開脚前屈
★パスチモッターナアサナ
★肩立ちのポーズ、鋤のポーズ 


<週テーマ>

1週目『ワシのポーズ、ハッピーベイビーのポーズ』

2週目『ワシのポーズ、針の穴のポーズ』

週目『木のポーズ、がっせきのポーズ』

4週目『木のポーズ、体側を伸ばすポーズ』
      

股関節は上半身、下半身をつなぐ一番大きい関節で、人体に大きな影響を与えます。

O脚も改善したいし、姿勢をよくしたい!ウエストもくびれさせたい!
腰痛、膝痛を治したい!

そんなアナタには「股関節ケア」が必須です!!

そして美脚には、「股関節の柔軟性」と「骨盤のゆがみ調整」がかかせません!

股関節が凝り固まっているとリンパやホルモンの流れに影響が生じ、
むくみがとれにくくなってしまいます。

足のむくみは放っておくと徐々に取れなくなり、そのまんまの太脚に!


そんな時は、下半身を中心に使うスタンディングのヨガポーズで、
まずは股関節をスッキリさせましょう。


立って行うポーズは、体が硬い人でもムリなく股関節を動かせます。

また座位の開脚でじっくりと股関節を動かします。

骨盤内の血液循環を良くして、むくみ・冷えを解消!


9月もヨガに励み、美しい姿勢、脚を整えましょう!!

●2019.8.2  8月のテーマ<船場ヨガ部(骨盤調整ママヨガ・産後ママヨガ)>

Img_a97c471b77936764824b2f3f7dd5864f

★骨盤調整ママヨガ(chizu)★

『ねじりのポーズと体幹強化でウエストシェイプ!』




Img_f27dc8d121fc835511e68a615fefbd4e

★産後ママヨガ(masumi)★

『水着の似合う上向き美尻を目指そう!』



●2019.8.1 8月のテーマ<新町ヨガ部・船場ヨガ部(ハタヨガ)>


8月のテーマ  『ねじるポーズでお腹スッキリ!』
           ~内臓から元気に~

      
             

<8月の必須科目> 
★シータリー呼吸法
★月のポーズ
★三角のポーズ
★ねじった三角のポーズ 
★パスチモッターナアサナ
★魚のポーズ
★肩立ちのポーズ、鋤のポーズ 


<週テーマ>
1週目  『コブラのポーズ、マリーチアサナⅠ、Ⅲ』
                       
2週目  『ツルのポーズ、バッタのポーズ、マリーチアサナⅠ、Ⅲ』
                      
3週目  『門のポーズ、アルダ・マッツェンドラアサナ』

4週目  『ねじった椅子のポーズ、両足を伸ばしてねじるポーズ、アルダ・マッツェンドラアサナ』
          


暑い夏には 、ねじりのポーズ、
前屈系の気持ちを落ち着かせるポーズがオススメです。

ねじりのポーズは、
内臓器官の活性化と消化力を高めてくれると言われています。
内臓のうっ血が取り除かれ、内臓が活発になります。

消化器系に刺激を与えて、整腸作用を高め、

また、便秘予防にも効果的とされています。


背骨をひねることで、脊髄まで刺激がいき、造血作用が高まり、血行がよくなり、
交感神経の働きを高めます。

また、この交感神経の働きは、夏の冷えを解消し、
内臓機能を整え、夏バテ防止にもなります!


ねじりのポーズは
ウエストの引き締め、背中の引き締めにも効果的!

体の中から美しく元気に!

8月もヨガで暑い夏を乗り切っていきましょう~!


●2019.7.8 スケジュール変更のおしらせ


船場ヨガ部

7月スケジュール変更のお知らせです。

※7/13(土)、7/15(月)、7/11(木)、7/26(金)、7/27(土) 10:30~の

 「子連れOKママヨガクラス」は申し訳ございませんが休講となります。

※7/10(水)10:30~ 振替として

 「骨盤調整ママヨガ」@chizu のクラス行います。



●2019.7.2 7月のテーマ<船場ヨガ部(骨盤調整ママヨガ・産後ママヨガ)>

Img_a9b0b489c5e409dbe515c35de751b5bf

★骨盤調整ママヨガ(chizu)★

『骨盤を支える縁の下の力持ち!内転筋を鍛えよう!』


Img_8cffcf13e5b559cd31e5f931460ec9da

★産後ママヨガ(masumi)★

『腸腰筋を鍛えてストレッチ、骨盤安定&下腹部をスッキリ』


●2019.7.1 7月のテーマ<新町ヨガ部・船場ヨガ部(ハタヨガ)>

Img_073318563f5c2353c025f169b80e3570

7月のテーマ  『内転筋を鍛えて太もも美人になる!』  

             
<7月の必須科目> 
★腹式呼吸法
★つま先立ちのポーズ
★三角のポーズ
★英雄のポーズ1 
★パスチモッターナアサナ
★橋のポーズ
★肩立ちのポーズ、鋤のポーズ 


<週テーマ>
1週目  『三日月ポーズ、舟のポーズ、ジャーヌシールシャアサナ』
                           
2週目  『三日月のポーズ、イスのポーズ、牛の顔のポーズ』
                     
3週目  『ランジ、コブラのポーズ、サギのポーズ』
                            
4週目  『ランジ、英雄のポーズⅢ、サギのポーズ』
          


【内転筋】とは、太ももの内側の筋肉のことで、主に太ももを閉じる働きがあります。

乗馬や、サッカー、水泳の平泳ぎ等で良く使われる筋肉なのですが、

普段はあまり使われることが少なく、衰えがちです。


仕事中、電車の中、食事中に膝が離れてしまっていませんか?

それは内転筋が衰えているかもしれませんね(^_^;)



内転筋はさまざなな部位があるので、まとめて“股関節内転筋群”とも呼ばれています。

「骨盤底筋」の真下に位置しているため、骨盤を支えるのに大切な役割も果たしています。



また、内転筋群は体幹(胴体)を安定させる役割を担っていることもあり、

ここを鍛えることで、立ち姿勢を安定させ、

下半身太り、O脚の改善にもなりますよ。



ヨガのポーズではこの内転筋を伸ばしたり、鍛えたりして使うポーズが
たくさんあります。


yogaで内転筋を鍛えて、美しい脚や姿勢を手にいれましょう♪

●2019.6.1 6月のテーマ<船場ヨガ部(骨盤調整ママヨガ・産後ママヨガ)>

Img_d815ea74d639dee435527f68eca9229d

★骨盤調整ママヨガ(chizu)★

『体幹を鍛えてお腹まわりを引き締めよう!』





Img_ac20ef3fda1de79823f637ee39c555db
★産後ママヨガ(masumi)★

『夏目前!二の腕を鍛えてすっきりしよう!』





●2019.6.1 6月のテーマ<新町ヨガ部・船場ヨガ部(ハタヨガ)>

Img_4c8ca1890facbeabed13f982e5712af9

6月のテーマ  『体幹を鍛えて美腹になろう!』
          



<6月の必須科目> 
★カパーラバーティ呼吸法
★三角のポーズ
★英雄のポーズⅡ
★立位の開脚前屈
★座位の開脚前屈
★パスチモッターナアサナ
★上向きの弓のポーズ (または橋のポーズ)
★肩立ちのポーズ、鋤のポーズ 


<週テーマ>
1週目  『木のポーズ、体側を伸ばすポーズ、バッタのポーズ』
                            
2週目  『木のポーズ、弓のポーズ、イルカの板のポーズ』
                      
3週目  『ワシのポーズ、舟のポーズ、座位の門のポーズ、』
                             
4週目  『ワシのポーズ、斜面のポーズ、 座位の開脚で体側を伸ばすポーズ』

           
男性・女性を問わず、誰もが気にするのが腹筋。

腹筋は、あらゆる動作のパワーの源と言われています。

この腹筋が引き締まることで、身体の美しいラインができます。


腹筋は腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋の4構造になっており、
それぞれの筋肉に役割があります。


美腹には

(1)お腹のアウターマッスル「腹直筋(ふくちょくきん)」を強化する

(2)くびれをつくる「腹斜筋(ふくしゃきん)」を鍛える

(3)下腹ぽっこりを解消する「腹横筋(ふくおうきん)」といったインナーマッスルを鍛える

のがポイントです!


今月は、コアを鍛えるポーズや、

「側屈のポーズ」=「わき腹部分を伸ばすポーズ」なども練習していきます。


側屈には体の内側の筋肉、インナーマッスルを鍛える効果があり、

骨盤の位置が正されたり、 腰痛予防や姿勢の改善につながりますよ。


また、腹斜筋はお腹周りの血液量を左右する重要な筋肉で、

鍛えることで血流を良くし、冷え性やむくみを改善することが期待できるのです。

夏場の冷え対策にもなりますよ!




美しく健康であるための腹筋を手に入れましょう!!

●2019.5.3 5月のテーマ<船場ヨガ部(骨盤調整ママヨガ・産後ママヨガ)>

Img_bb7b77d4e2c27e8153773d0e8cde173d


★骨盤調整ママヨガ(chizu)★

『ねじるポーズで背骨を整えよう!』



Img_ab4d8b18876035b4006e7343bbf79437

★産後ママヨガ(shizuka)★

『身体全身を意識してバランスよく引き締めよう』



Img_9c16f43062c2377a0592cd52854963a2

★産後ママヨガ(masumi)★

『胸を開いて呼吸を楽に!首や肩をリラックス』