新町ヨガ部

                ~HAPPY&ENJOY~~

☆雨の日と自律神経の関係☆

(去年にアップしたブログです。
読み返すと気持ちも入れ替わるので再度アップします)
雨の日に「身体がだるい」「眠たい」「なんだか、元気がでない」
といったことはありませんか?
偏頭痛が起こる方もおられますね。
それは雨と自律神経が関係しているせいかもしれません。
自律神経には「交感神経優位」の状態と「副交感神経優位」の状態とがあります。
天気が晴天で高気圧の時は、
人間は自分では制御できない部分の所で「交感神経優位」となり、
・血圧、血糖、心拍上昇
・精神の興奮、高揚、不眠、意欲の向上
・分泌、排泄機能低下、痛みの鈍化
主には以上の「エネルギー活性化・活動状態」になります。
快晴でスカっとした天気なら、元気全快になりますよね。
それに対して曇りや雨の低気圧時は「副交感神経優位」となり、
・血圧、血糖、心拍低下
・疲労感が出やすい、意欲低下
・分泌、排泄機能活性化、
・食欲増加、消化吸収促進
・心身のリラックス状態
以上のような「エネルギー蓄積」に向いた状態となります。
全身の循環不良を起こし、肩こり・腰痛や体調不良の一因になります。
雨の日には身体をリラックスさせる「副交感神経」が優位になるので、
身体がだるくなったり、眠たかったりするのです。
しかし、何でもかんでも低気圧(副交感神経優位)が悪い、というわけではなく、
低気圧が全身の循環不良を呼ぶのなら、気圧の低い日に循環機能を上げてやればいいのです。
ネガティブに考えず、ポジティブに!
この身体の仕組みを知ると、雨の日に身体がだるくても、
『今日は、身体のリラックスの日』と捉え、身体のだるさも、眠さも、
心地よく思えるようになると思います。
また、雨の日こそヨガで軽い運動やストレッチをしてあげるのがおすすめです。
そうすることで、副交感神経と拮抗して働く交感神経が刺激されるので、
自律神経のバランスが整いやすくなります。
■雨音にはリラックス効果が
実は、雨音にはリラックス効果があります。
雨音を聞くと、リラックスするときに見られる脳波の一種、α波が出るのです。
「雨はいやだな~」と思ってばかりではなく、雨音に耳を傾けてみてください。
■雨の日はスペシャルケアを
雨の日は紫外線量も晴れの日と比べると少なく、湿度も高いので肌が乾燥しにくいです。
保湿してくれるのはいいことですね。
■自分磨きの時間に
「外出できなくて最悪」とか、「雨ばっかりでつまらない」と思ってばかりいると、
美しさは損なわれていきます。
ポジティブに捉えて、小さなストレスを溜めないことも美人になるコツなのです。
雨の日の美人になる過ごし方をしてみてくださいね!
憂鬱な気持ちは考え方次第で変わります☆

☆夏はむくみやすい☆

「サギのポーズ」で脚のむくみ解消しましょう!
ハタヨガクラス、3.4週目は「サギのポーズ」を練習します。
実はほかの季節に比べて、夏はむくみやすいんです。
夏がむくみやすい原因の一つとして、発汗が挙げられます.
汗をかくと体内の水分が失われるため、自然に水分を補おうとします。
また体を冷やそうと、むやみに冷たい飲み物をたくさん飲むことが増えるため、
体内にどんどん水分がたまっていきます。
水分がたまったうえに冷たい飲み物や冷房などによって
知らず知らずのうちに、体は冷えていきます。
この冷えも血行を悪くし、むくみの原因となります。
また、汗によって排出されるのはビタミン、ミネラルなどは、
むくみを防ぐのに必要な成分なので、
暑さで体力を失っている状態でこれらが不足するといっそうむくみやすくなります。
壁を使って、脚を上げておくのも、むくみ対策になりますね。
ヨガでむくみ、体のケアをしましょう!

シータリー呼吸法

夏真っ盛りの暑いときは、
「シータリー呼吸法」をぜひ実践してください。

「シータリー呼吸法」は、50度近く気温が上がる
インドの厳しい環境で生まれた呼吸法。

シータリー呼吸法は「口から吸って鼻から吐く」という呼吸法になります。

舌を外に出して、舌でストローのような筒状の管を作り、
そこから空気を取り入れます。

この「舌を出す」という呼吸法は、
犬が体温調整をするために舌を出してハアハアと息をするのと、
原理的に同じ様です。

犬は汗をかかないため、舌の上の水分を使って気化熱で冷やします。
シータリー呼吸法も、舌を外に出してそこから空気を取り入れることで、
気化熱により舌に当たる空気は冷たくなるのです。

そして、体内に溜まっている温かい空気を鼻から排出することで、
効率よく冷たい空気と温かい空気を循環することができ、
結果、体温を下げることにつながっていきます。

体の内側から冷やし、
血液を浄化し、のどの渇きも癒してくれます。

いつでもどこでもできるのでぜひマスターして
この暑い夏を乗り切りましょう!!

●2017.8.1 8月のテーマ<新町ヨガ部・船場ヨガ部(ハタヨガ)


             
<8月の必須科目> 
★片鼻呼吸法
★三角のポーズ
★ねじった三角のポーズ 
★パスチモッターナアサナ
★魚のポーズ
★肩立ちのポーズ、鋤のポーズ 
<週テーマ>
1週目  『月のポーズ、コブラのポーズ、マリーチアサナⅠ、Ⅲ』
                       
    
2週目  『ツルのポーズ、バッタのポーズ、マリーチアサナⅠ、Ⅲ』
                      
3週目  『門のポーズ、アルダ・マッツェンドラアサナ』
                                   
4週目  『横立ち前屈のポーズ、弓のポーズ、アルダ・マッツェンドラアサナ』
          
暑い夏には 、ねじりのポーズ、
前屈系の気持ちを落ち着かせるポーズがオススメです。
ねじりのポーズは、
内臓器官の活性化と消化力を高めてくれると言われています。
内臓のうっ血が取り除かれ、内臓が活発になります。
消化器系に刺激を与えて、整腸作用を高め、
また、便秘予防にも効果的とされています。
背骨をひねることで、脊髄まで刺激がいき、造血作用が高まり、血行がよくなり、
交感神経の働きを高めます。
また、この交感神経の働きは、夏の冷えを解消し、
内臓機能を整え、夏バテ防止にもなります!
さらに、ねじりのポーズは
ウエストの引き締め、背中の引き締めにも効果的!
体の中から美しく元気に!
8月もヨガで暑い夏を乗り切っていきましょう~!