新町ヨガ部

                ~HAPPY&ENJOY~~

2013.10.1   10「月のテーマ

10月のテーマ  
『~秋ヨガで美しい姿勢に!~
    背骨の歪み・縮みを正して自律神経を整えよう!』

<10月の必須科目> 
★片鼻呼吸法
★三角のポーズ   
★英雄のポーズ1
★片脚を伸ばしたハトのポーズ
★合せき前屈のポーズ
★パスチモッターナアサナ
★橋のポーズ 
★上向きの弓のポーズ
★肩立ちのポーズ、鋤のポーズ 
<週テーマ>
1週目 10/1(火)〜10/7(月)  『牛の顔のポーズ(手・腕)、ランジ、コブラのポーズ』 
  
2週目 10/8(火)〜10/14(月) 『牛の顔のポーズ(手・腕)、ランジのポーズ、バッタのポーズ』
3週目 10/15(火)〜10/21(月) 『背面で合掌するポーズ、三日月のポーズ、弓のポーズ』   
         
4週目 10/22(火)〜10/31(木) 『背面で合掌するポーズ、三日月のポーズ、門のポーズ』  
骨盤の次は、背骨が肝!
姿勢美人になりましょう~~!
暑い夏がようやく終わり、涼しい秋になりました。
秋は本来、過ごしやすい季節ですが、
「夏バテがとれず、どうも調子が悪い」「なんとなくだるい」と訴える人も少なくありません。
風邪をひいたり、冷え性や腰痛に悩まされたりといったトラブルが増えるのもこの季節。
近年、冷房で身体を冷やす『冷房冷え』、
夏に冷たいものを摂りすぎたことにより起こる『内臓冷え』。
暑いはずの夏に身体を内外から冷やしてしまった結果、
全身の血のめぐりが悪くなることで
秋になっても疲れやだるさなどが続く『秋バテ』が考えられます。
秋に体調を崩す人が多いのは、自律神経が深く関係しています。
自律神経とは、心臓や胃腸を動かしたり、呼吸をしたり、
血液を流したりといった無意識に働く体の機能です。
この自律神経のバランスが崩れてしまうと体調が悪化。
腸の働きが悪くなって便秘になったり、さらに血行が悪くなって肩こりや冷えを招いたりします。
とうことで骨盤を整えたら、次は背骨が肝!
自律神経は背骨、骨盤を通っていますので、
背骨の歪みは自律神経の異常を生じさせます。
逆に、自律神経が異常であれば、背骨、骨盤を歪ませます。
 自律神経の異常は、背骨、骨盤を歪ませる
         ↑↓
 背骨、骨盤の歪みは自律神経に影響する
         ↓
 血液・リンパ液の流れを阻害する
         ↓
 対応する臓器に影響を与える
         ↓
 各種病を引き起こす
その流れを良くしながら背骨の歪みを修整してい­きます。
しなやかな骨盤と背骨の動きは、美しい姿勢を維持するためにとても大切です!
呼吸と姿勢と自律神経は密接な関係。
秋のヨガで、健康で美しくなりましょう!!

☆2013.11.2     11月のテーマ

11月のテーマ  
『冬に向けて筋力UP!燃やせるカラダに!
    ~ねじりで内臓を活性、ウエストシェイプ!~』

<11月の必須科目> 
★カパーラバーティ呼吸法
★三角のポーズ   
★ねじった三角のポーズ
★パスチモッターナアサナ
★イスを使ってねじるポーズⅠ・Ⅱ(1・2週)
★アルダマッツェンドラアサナ(3・4週)
★魚のポーズ
★肩立ちのポーズ、鋤のポーズ 
<週テーマ>
1週目 11/1(金)〜11/7(木)  『いるかの板のポーズ、舟のポーズ』
                       ~ ウエストシェイプ&コアを鍛える~
  
2週目 11/8(金)〜11/14(木) 『イスもポーズ、ワシのポーズ』
                       ~太もも・ふくらはぎ~
3週目 11/15(金)〜11/21(木) 『門のポーズ、体の前面を伸ばすポーズ』
                          ~背中と二の腕~   
         
4週目 11/22(金)〜11/30(木)『横立ち前屈のポーズ、片脚を上げた下向き犬のポーズ』
                          ~おしり、ハムストリング~  
食欲の秋、美味しい食べ物もたくさんあって誘惑が多い季節になりましたね。
気温も下がり、寒いと代謝も下がり、運動するのもおっくうになりがちです。
脂肪を溜め込む前に、ヨガで筋力UPです!!
ヨガはストレッチ的な動きと同じだと思っている人も多いと思いますが、
呼吸法をしながら色々なポーズをとっていくヨガは、内臓機能を向上させるだけでなく、
心身ともにリラックスさせることもでき、健康・美容にとても良い運動です。
ヨガをやると基礎代謝がアップする効果があります。
なぜなら、ヨガはゆっくりとした動きですが、見た目よりも筋肉を使います。
ゆっくりとした動きで筋肉を鍛えますと赤筋が鍛えられ、
基礎代謝量アップに役立つというわけです。
また、発汗作用もありますので老廃物を出すこともできますね。
呼吸によって酸素を取り込み、脂肪燃焼を促進することもできます。
筋肉力と比例して高くなる基礎代謝を高めるには、最適だといえるのです。
体が硬い人は、関節が固いのではなく筋肉が硬くなっているのです。
つまり、筋肉の動く範囲が狭くなっているということですね。
筋肉の動きが悪いと血液の循環も悪くなって、冷え性になります。
また、筋肉の動く範囲が狭いということは、
そこで消費されるカロリーも少ないということになります。
以上2つの要因から基礎代謝が下がってしまいます。
ということは、体が硬い人こそ体を柔らかくする必要がありますね!
冬は気温が低いため、体温を維持しようして、基礎代謝が上がるため、
消費するエネルギー量が上がります。
ですが、身体のタイプや環境によって、基礎代謝の調節システムには個人差があります。
あまり動くのが好きではなく筋肉が少ない人は、代謝を活発にして体温を上げられないため、
身体に体脂肪を蓄えて体温を保とうとします。
筋肉が多い人は太りにくく、筋肉が少ない人は太りやすくなるのは、このためです。
身体のタイプにより季節の変化も太る要因となってしまうのです。
しなやかな筋肉をつけて、燃やせるカラダにしていきましょう!!

2013.12.1   12月のレッスンテーマ

12月のテーマ    『免疫力UP!冷えに効く体ポカポカヨガ!』
<12月の必須科目> 
★腹式呼吸法
★三角のポーズ   
★英雄のポーズⅡ
★体側をのばすポーズ
★立位の開脚前屈
★座位の開脚前屈
★パスチモッターナアサナ
★橋のポーズ
★肩立ちのポーズ、鋤のポーズ 
<週テーマ>
1週目  『木のポーズ、コブラのポーズ』
                       
  
2週目  『木のポーズ、バッタのポーズ』
                      
3週目  『足の指を持って上げる片足立ちのポーズⅡ、弓のポーズ』
                             
         
4週目  『足の指を持って上げる片足立ちのポーズⅡ、魚のポーズ』
                    
クリスマスにお正月、
忘年会に新年会、
仕事もイベントも忙しくなってくる季節、
風邪を引いたり、体調壊して寝込んでなんかいらません!
そんな冬にオススメの免疫力をあげるヨガを行います!!
■だれもが持つ「免疫力」
冬が近づいてkると風邪やインフルエンザにかかる人が増えますね。
免疫力とは、私たちが持っている病気などに対する抵抗力のことを「免疫力」といいます。
免疫力がないと、いくら高度な治療を受けても病気が治りにくくなり
健康に生きていくことはできなくなります。
この免疫システムさえしっかり機能していれば、様々なウイルスや、体内で日々発生しているとされる「がん細胞」を撃退することが可能となるのです。
 
■体温が低いと、免疫力がダウン
免疫力を発揮するうえで妨げとなるのが、体温の低下です。
通常、健康な人の平均体温は36.5度前後だといわれています。
しかし、何らかの理由で体温が下がると、リンパ球が全身の細胞に行き届きにくくなることなどから、免疫力が発揮しづらくなります。体の体温が1度下がると、免疫力が30%低下するとされています。
■低体温の原因は自律神経の乱れ?
現代社会は、平熱が36度以下の「低体温」の人が増えているといいます。
生活習慣の変化に伴い、筋肉量が低下していることや、
エアコンの普及で体温調整の機能が弱まっていること、
さらに、ストレスによる自律神経の乱れなどが背景にあると考えられています。
低体温を克服して免疫力をアップするには、筋力を強くして
自律神経のバランスを整えることが大切です。
今月は特に下半身、腰やピップ、股関節をしっかりと使ったポーズを行います。
下腹部、とくに骨盤の周辺を温めると全身の血行がよくなり
自律神経やホルモンバランスを整えることができるといわれています。
冬に備えて体質改善し、免疫力を高めて、楽しい年末年始を過ごしましょう!

☆2014.1.6  1月のテーマ☆

1月のテーマ    『肩甲骨美人になる!』
           ~脂肪燃焼&肩こりスッキリ~

<1月の必須科目> 
★胸式呼吸法
★三角のポーズ  
★三日月のポーズ(1・2週目)
★ランジのポーズ(3・4週目) 
★英雄のポーズⅠ
★パスチモッターナアサナ
★魚のポーズ
★肩立ちのポーズ、鋤のポーズ 
<週テーマ>
1週目  『コブラのポーズ、牛の顔のポーズ、ジャーヌシールシャアサナ』
                       
  
2週目  『バッタのポーズ、牛の顔のポーズ、ジャーヌシールシャアサナ』
                      
3週目  『コブラのポーズ、片脚の割り座の前屈、鷺のポーズ』
                             
         
4週目  『バッタのポーズ、片脚の割り座の前屈、鷺のポーズ』
                    
みなさん、お正月いかがお過ごしでしたか?
ゆっくりまったり、ごちそうもいっぱい食べましたか?
お正月明け、体は重たくないでしょうか?
ごちそうもいっぱい食べて、体重も増加した方も多いのでは・・。
寒さでカチコチに固まった体、正月太りした体、鈍った体をリセットして、
スッキリした体になり一年をスタートさせていきましょう!!
 
正月太りした方はヨガでダイエットですよ(^^)/
ヨガでダイエットできるのは内臓脂肪を燃焼させる効果が高いためです。
普段使わない筋肉などもほぐしてあげることで脂肪燃焼の効果が高まり
ヨガをするだけで基礎代謝が上がるとも言われています。
ということで
1月のテーマはダイエットには必須の「肩甲骨」です!
肩甲骨とその周りには、脂肪を燃やしやすくする「褐色脂肪細胞」があります。
褐色脂肪細胞とは、食事で摂取したカロリーをエネルギーとして放出させる働きがある細胞のこと。
肩甲骨を動かすことで褐色脂肪細胞を活発にし、脂肪を燃やしやすい体になり、
瘦せやすい体質に!
肩甲骨ヨガの利点
・インナーマッスルも鍛えられるため、ダイエットと同時に、しなやかボディに!
・体温や基礎代謝がUPし、やせやすい体に!
・血流やリンパの流れが良くなるため、体のむくみ、冷えが解消!
・デスクワークなどで凝り固まった肩・首などをほぐす効果
寒いこの季節だからこそ、体を動かして肩こりなども解消してスッキリしましょう!

2014.2.1   2月のテーマ

2月のテーマ    『お腹スッキリ!ウエスト美人になる!』
           

<2月の必須科目> 
★片鼻呼吸法
★三角のポーズ  
★ねじった三角のポーズ
★パスチモッターナアサナ
★橋のポーズ
★肩立ちのポーズ、鋤のポーズ 
<週テーマ>
1週目  『イスを使ってねじるポーズⅠ・Ⅱ、舟のポーズ』
                       
  
2週目  『イスを使ってねじるポーズⅠ・Ⅱ、弓のポーズ』
                      
3週目  『いるかの板のポーズ、マリーチアサナⅠ・Ⅲ』
                             
         
4週目  『斜面のポーズ、両足をのばしてねじるポーズ、アルダマッツェンドラアサナ』
                    
立ちねじりのポーズで基礎代謝向上!
くびれウエストに!!
お正月太りは解消されましたか?
2月は「ねじり系のポーズ」「コア(体の中心)を鍛えるポーズ」をたくさん行います。
ヨガの特徴ともいえる体をねじるポーズは普段あまり使うことの無い筋肉を使い、
背骨などの体を支える骨と筋肉を鍛える事が出来るため、
効果的なダイエットと体に溜まった疲れをほぐし、体を活性化する事が出来ます。
腹部をもむというマッサージ効果に加え、
ねじるポーズは、ウエストを引き締め効果抜群!
体幹(コア)は、お腹周りをイメージする方が多いかもしれませんが、
腹筋だけを指すのではなく、背中や腰回りも含めた胴体の中心部全般を「体幹」と呼びます。
一生懸命トレーニングやシェイプアップに励んでいるのに、
思うように痩せない・引き締まらない・気になる部分の脂肪が落ちない、
など効果が出ないようなケースも、おそらくコアが鍛えられていないことも要因のひとつです。
コアを鍛えることによって、効果的に引き締まった体が手に入るだけでなく、
姿勢がよくなり、体のあらゆる不調が改善され、
スポーツやダンスをされる方は、今までにない上達が期待できます。
 
まだまだ寒い2月、風邪も流行っています。
ヨガで免疫も高め、体の中から温めて丈夫で美しい体作りを目指しましょうね☆

●2014.3.1   3月のテーマ

3月のテーマ    『お尻美人になる!』
           

<3月の必須科目> 
★カパーラバーティ呼吸法
★三角のポーズ  
★英雄のポーズⅡ
★立位の開脚前屈
★座位の開脚前屈
★パスチモッターナアサナ
★ブリックセツバンダアサナ
★上向きの弓のポーズ
★肩立ちのポーズ、鋤のポーズ 
<週テーマ>
1週目  『ワシのポーズ、バッタのポーズ』
                       
  
2週目  『ワシのポーズ、イスのポーズ』
                      
3週目  『弓のポーズ、合せき前屈』
                             
         
4週目  『ダンサーのポーズ、合せき前屈』
                    
●お尻を鍛えてスタイルアップ!冷え解消!
私達の体の3分の2の筋肉は実は下半身にあります!
冷えの原因、燃えない体の原因は下半身の筋肉不足にあるんです。
特におろそかになってしまっているお尻の筋肉を鍛えてあげると
ヒップアップにも繋がりますし、体がぽかぽか温かく、
冷えも解消できることでしょう!
●お尻をを鍛えて、肩こり解消!
肩こりは、日常生活の積み重ねで起きる症状です。
長時間のデスクワークや悪い姿勢などが原因で、少しずつ肩こりを感じるようになってきます。
特に肩こりの原因になっているのが、猫背。
顔が前に出て、背筋が「くの字」になってしまっている状態です。
猫背の状態で頭を支えるには、首肩まわりの筋肉が常に緊張して
血液の流れが悪くなり、老廃物がたまり、痛みを引き起こします。
つまり、肩こりを治すためには、まずは猫背を直す必要があるのです。
猫背を直して姿勢をまっすぐにするには、おしりの筋肉を鍛えるのが効果的です!
おしりの筋肉は、体の中心である骨盤を安定させる役割をもっているため、
この筋肉をうまく使えないと、立っているときなどにも猫背になりやすくなります。
おしりの筋肉を鍛えれば、骨盤が安定し、普段の姿勢がまっすぐなりやすくなります!
●姿勢や脚ヤセにも影響する、股関節の柔軟性アップ!
股関節の動きにはお尻と太ももの筋肉が深く関わっています。
 
いわゆる「お尻のえくぼ」と言われる、横側の少し凹んだところ、
その辺りの奥の方に股関節があるからです。
筋肉が縮んでこわばると、股関節の動きが悪くなり痛みも出るのです。
「坐骨神経痛」の原因にもあてはまります。
逆を返せば、お尻の筋肉をしなやかに鍛えると、股関節の動きもスムーズになり、
リンパの流れが良くなり、脚痩せに繋がる・・・と言っても過言ではないのです。
もうすぐ春です!春先薄着になったとき、
「え!老けた?疲れてる?」なんて、マイナスな印象を周りに与えないよう、
元気はつらつな体作り、スタイルアップを目指しましょう♪

●2014.4.1  4月のテーマ


4月のテーマ  『内転筋を鍛えて太もも美人になる!!』
           
          ~美脚+骨盤調整は「内転筋」から鍛えましょう!~

<4月の必須科目> 
★腹式呼吸
★つま先立ちのポーズ
★三角のポーズ   
★英雄のポーズⅠ
★ジャーヌシールシャアサナ(頭を膝に近づけるポーズ)
★パリブルッタジャーヌシールシャアサナ(ねじって頭を膝に近づけるポーズ)
★パスチモッターナアサナ  
★魚のポーズ 
★肩立ちのポーズ、鋤のポーズ 
<週テーマ>
1週目 『イスのポーズ、バッタのポーズ』   
2週目 『イスのポーズ、弓のポーズ』   
                 
3週目 『英雄のポーズⅢ、橋のポーズ』  
           
4週目 『英雄のポーズⅢ、舟のポーズ』  
        
4月のテーマは・・・【内転筋】です!
【内転筋】とは、太ももの内側の筋肉のことです。
股関節を内転させる働きがあり、足を内側に閉じる時に使われる筋肉で、
骨盤を正しい位置にキープしてくれます。
内転筋が衰えると、膝を内側に引き寄せる力が低下し、O脚の原因にもなります。
また、内転筋は足に流れる血液やリンパを心臓に戻すポンプのような働きがあるため、
ここが使われず凝り固まると、このポンプの働きが衰えてしまい、
むくみの原因にもなります。
当然筋力が衰えるため、太ももに余分な脂肪がつきやすく、
セルライトへ発展する可能性は大なのです。
ヨガのポーズではこの内転筋を使うポーズがたくさんあります。
内転筋を伸ばし、鍛えると、 脚をすらりと美しくするばかりか
骨盤のゆがみ、猫背を改善し、悪い姿勢を根本から矯正できます。
内転筋を鍛えて全身をすらりと美しい姿勢にしてスッキリと!
春の新しい生活をスタートしましょう!!!

●2014.5.1  5月のテーマ


5月のテーマ  『春のうちにデトックス!~内臓活性しよう~』

<5月の必須科目> 
★腹式呼吸
★肩甲骨ストレッチ
★三角のポーズ   
★ねじった三角のポーズ
★アルダマッツエンドラアサナ
 または椅子を使ったねじりのポーズ
★パスチモッターナアサナ  
★橋のポーズ 
★肩立ちのポーズ、鋤のポーズ 
<週テーマ>
1週目 『門のポーズ、合せきのポーズ』   
2週目 『上半身を脚につけるポーズ、合せきポーズ』   
                 
3週目 『らくだのポーズ、ハトのポーズ』  
           
4週目 『ねじって体側を伸ばすポーズ、ハトのポーズ』  
   
春は自然のリズムが一巡して、体が切り替わってくる大切な時期といわれています。
気候が暖かくなってくると、人のカラダも活発に活動を始めます。
この時期のテーマは「老廃物を排泄すること」です。
春に花が開くように、体も自然と開いていきます。
後頭骨や肩甲骨や骨盤も、冬に締まって閉じていた体が緩みやすくなってくるのです。
気温が上昇すると、今まで固まっていた身体が緩み新陳代謝が活発になり始めます。
そして緩んだ身体からは、今まで溜め込んでいた毒素(老廃物)が溶け出して
体外に排出されます。
これがいわゆる花粉症に代表される鼻水や、アレルギー反応、咳などの症状です。
また身体の浄化作用が行われている間は、身体が必要以上に沢山のエネルギーを
使いますので、だるさや眠気を覚えることとなります。
こういった体の反応は
「春のからだの大掃除」ととらえることができます。
こういう時期こそ、普段の生活で当たり前と思われていることを意識することが大切ですね。
・体を動かす
・呼吸をする
・春の旬のお野菜を食べる
・ゆっくりお風呂に浸かる・・  など
冬の間に溜まった老廃物をしっかりと体外へ出してあげましょう!
毒素を身体から取り除くことにより、春先の疲れやだるさがなくなり、
そしてやがて訪れる暑い夏を、元気に乗り切る身体を作ることができるのです!
さぁ、今月は、しっかりと「ねじりのポーズ」です!
一連のねじりのポーズは内臓をマッサージしてデトックスする効果があります。
ねじった後は瞬間的に力を抜くので、自律神経の刺激と共に、
大腸が瞬間的にゆるむことで便秘の解消に効果的です。
背骨の歪みから生じる神経痛や腰痛の解消にも効果的なポーズです。
また肩甲骨や骨盤を開かせて、毒素を排出していきますよ!
春こそデトックス!
毒素を溜めない体にして体の中からキレイになりましょう!!!

●2014.6.1  6月のテーマ

6月のテーマ  『骨盤底筋群を鍛えて美ボディになる!』
<6月の必須科目> 
★腹式呼吸法
★三角のポーズ   
★英雄のポーズ2
★立位の開脚前屈
★座位の開脚前屈
★パスチモッターナアサナ
★ブリックセツバンダアサナ
★橋のポーズ 
★肩立ちのポーズ、鋤のポーズ 
<週テーマ> 
1週目  『木のポーズ、コブラのポーズ』   
2週目  『木のポーズ、バッタのポーズ』
3週目  『体側を伸ばすポーズ、弓のポーズ、』
             
4週目  『体側を伸ばすポーズ、らくだのポーズ』  
テーマは「骨盤底筋群を鍛えよう!」です。
「骨盤底筋群」 はその名の通り、 骨盤 という器の底にあたるハンモック状の筋肉です。
腸や子宮や膀胱など内臓を下から支え、
尿道や膣、肛門を締める大切な役割のある筋肉です。
自転車に乗ったときにサドルに当たる部分のあたりがその場所。
年齢とともに衰えやすいのも事実です。
「骨盤底筋群」が衰えると・・・
☆内臓の重みを支えられず、内臓が下がる⇒ 下腹がポッコリ
☆腸が圧迫されて⇒ 便秘
☆子宮が圧迫されて⇒ 生理痛・生理不順
☆尿漏れ、脱腸、子宮脱
ボディラインが崩れるだけでなく、様々な不調を引き起こします。
骨盤底筋を鍛えることで、
女性ホルモンのバランスが整い、月経不順、肌荒れなどの不調が改善され、
血行もよくなるので、冷えも改善されます。
骨盤が安定して姿勢が良くなるので、日常の所作や立ち振る舞いも美しくなります。
まさに美人の条件ですね! 
ヨガのポーズと呼吸で、この骨盤底筋群を中心に全身を活性化し、
美ボディーをめざしましょう!!

●2014.7.1  7月のテーマ

7月のテーマ  『肩甲骨を動かして、背中美人になる!』
<7月の必須科目> 
★シータリー呼吸法
★肩甲骨ストレッチ
★三角のポーズ   
★英雄のポーズ1
★牛の顔のポーズ
★パスチモッターナアサナ  
★橋のポーズ(1,2週目)
★上向きの弓のポーズ (3,4週目)
★魚のポーズ
★肩立ちのポーズ、鋤のポーズ 
<週テーマ>
1週目  『ワシのポーズ、コブラのポーズ』   
2週目  『イスのポーズ、コブラのポーズ』   
                 
3週目  『三日月のポーズ、上向き犬のポーズ』  
           
4週目  『ランジ、上向き犬のポーズ』  
        
7月のテーマは、肩甲骨です!
日常生活の中で、腕を大きく動かす機会はありますか?
「ない! 」という人は、肩甲骨の運動不足になっているかもしれません。
「肩甲骨=天使の羽」と言われていますが、くっきり出てる肩甲骨って美しいですよね。
背中の肩甲骨周辺は「痩せる脂肪」と呼ばれる褐色脂肪細胞が多く分布している部分。
ストレッチやヨガのポーズをこまめに行えば、肩甲骨周辺の筋肉が活性化し
代謝アップに効果的なので、背中の余分な贅肉がシェイプアップされやすくなるのです!!
ダイエットには必須です!
また、肩甲骨をきちんと動かすと、
胸が開くので姿勢がよくなり、バストも上向きに。呼吸も深くなります。
もちろん肩こりや首のハリなどにも効果的!
肩甲骨は健康&美人の鍵なのです。
美しい背中、美しい後ろ姿をめざしましょう!!