新町ヨガ部

                ~HAPPY&ENJOY~~

休講日のおしらせ


4月27日(月)18:30~、20:30~、
のクラスは
臨時休講とさせていただきます。

今後もしばらくは、予約状況などにより、予定が変更となる場合がございますので、
ご了承くださいませ。

レッスン開講について

ヨガ部に皆様、いつもありがとうございます。
この度の緊急事態宣言で、色々と不安もある中、
新町ヨガ部としましても悩みましたが、
レッスンは調整しつつ、開講していきます。
もちろん、細心の注意を払います。

皆さんのご事情やお考えも、様々だと思います。

ですので、お休みされてチケットの期限が切れてしまう、という方は
個別に対応させていただきます。
(例えばですが、4回券の方は1回分につき500円の追加で1回券@2500円のチケットとして
ご利用可など)


【コロナウイルス予防対策について】
●教室に入室時のお願い
①教室入り口に消毒液を設置しましたので、入室の際、消毒をお願いします。
体調のすぐれない方はご参加をお控えください。
 体温が37.5度以上ある場合のご参加はお控えください。


●レッスンについて
通常5名様までの定員を、しばらくの間は4名様定員とし
隣の方との距離をなるべく離して行います。

先生が補助などで近くに寄る場合はなるべくマスクをいたします。
皆様のマスク着用は任意です。


●教室内のウイルス対策について
空間除菌剤(オキサイダー)を設置しました。
・マットは皆様が使用後、おしぼりで拭いていただいてますが、
 その後、アルコール抗菌剤「パストリーゼ」を拭きかけて除菌しております。
窓を開けて換気も行っております。
ドアノブなど手が触れるところは、次亜塩素酸スプレーなどで除菌します。

1日も早く、皆様の健全な生活が戻りますように。
そして体と心が健康でありますように。

ネガティブにならず、ポジティブに!
こんなときだからこそ、ヨガしましょう!
お家でもやりましょう!

ちょっと座って目を閉じて呼吸に耳を傾けるだけでもいいのです。
しばらく止まっていたブログですが、皆様にお家でできるポーズなど
発信していきたいと思います!

コロナウイルス感染防止対策について

新町ヨガ部の皆様、いつもありがとうございます。

この度新型コロナウイルスの感染防止対策といたしまして、
レッスンを開講するにあたり、部員の皆様へ下記についてのご理解とご協力を
お願い申し上げます。

●教室に入室時のお願い
①教室入り口に消毒液を設置しましたので、入室の際、消毒をお願いします。
②体調のすぐれない方はご参加をお控えください。



●レッスンについて
通常5名様までの定員を、しばらくの間は4名様定員とさせていただきます。
特に土日などいつも満員になるクラスもありますので、ご予約が取れにくくなることが
あるかもしれませんが、できるだけ皆様が安心して受講いただけますように、
隣の方と間隔を空けてレッスンを行いたいと思いますのでご了承くださいませ。
(すでに5名様でご予約を受けているクラスはそのままとなります。)

●教室内のウイルス対策について
・空間除菌剤(オキサイダー)を設置しました。
・マットは皆様が使用後、おしぼりで拭いていただいてますが、
 その後、アルコール抗菌剤「パストリーゼ」を拭きかけて除菌しております。
・窓を開けて換気も行っております。


早くこの状況が終息することを願うばかりですが、
レッスンに来れない方は、お家でヨガをしてくださいね。
ストレスをため込まず、元気な身体作りをしていきましょう。

2020年4月のテーマ

4月のテーマ  『おしり美人になる!』

<4月の必須科目> 
★胸式呼吸法(肋骨呼吸)
★つま先立ちのポーズ
★三角のポーズ  
★英雄のポーズⅠ
★片脚を伸ばしたハトのポーズ
★合せき前屈
★パスチモッターナアサナ
★片足上げた橋のポーズ
★肩立ちのポーズ、鋤のポーズ 

<週テーマ>
1週目  『針の穴のポーズ、バッタのポーズ』
2週目  『三日月のポーズ、バッタのポーズ』
3週目  『ランジ、弓のポーズ』
4週目  『ダンサーのポーズ、弓のポーズ』

もともと農耕民族である日本人の骨盤は後傾気味で、前かがみの姿勢になりがちです。
お尻は下がって、垂れやすい傾向にあります。

そして肩こりのように自覚症状があまりないのですが、
以外にお尻も凝っていることが多いのです。

デスクワークなどで座っているとき、お尻の筋肉がクッションになり、
体重を支えてくれているお尻が凝ると、腰に負担がかかって腰痛になってしまいます。
腰痛の方は、殿筋を伸ばしてケアをするのが大切です。

私達の体の3分の2の筋肉は実は下半身にあります。
冷えの原因、燃えない体の原因は下半身の筋肉不足にあるのです。

人間の体の中で最も大きな筋肉である、お尻と太ももの筋肉を動かしてあげると、
代謝が高まり、贅肉も減少されます。
特におろそかになってしまっているお尻の筋肉を鍛えてあげると
ヒップアップにも繋がりますし、体がぽかぽか温かく、
冷えも解消できることでしょう!

春夏のお尻も冷えも油断してはいけません!

お尻のコリをほぐし、お尻の筋肉をストレッチして、
お尻を鍛えて全身をすらりと美しい姿勢に!
春の新しい生活をスタートしましょう!!!


2020年 3月のテーマ

3月のテーマ  『股関節を柔軟に!』
      ~骨盤を緩めてデトックス~        

<3月の必須科目> 
★骨盤の呼吸法
★三角のポーズ  
★英雄のポーズⅡ 
★立位の開脚前屈
★座位の開脚前屈
★パスチモッターナアサナ
★ブリックセツバンダアサナ
★肩立ちのポーズ、鋤のポーズ 

<週テーマ>
1週目  『木のポーズ、コブラのポーズ、合せきのポーズ』
2週目  『木のポーズ、バッタのポーズ、 針の穴のポーズ 』
3週目  『ワシのポーズ、座位の開脚でねじってわき腹を伸ばすポーズ』
4週目  『ワシのポーズ、弓のポーズ、 仰向け合せきの腰上げポーズ 』



3月はもう春ですね。
この時期のテーマは「老廃物を排泄すること」です。
春に花が開くように、体も自然と開いていきます。


カラダの要ともいわれる「骨盤」は、蝶が舞うように開閉を繰り返しています。
春に開き始めた骨盤は、夏にもっともゆるみ、
秋から閉じ始めて冬には固く閉じるというサイクルをもっているのです。

つまり、春の季節はつぼみが開くように骨盤がゆるみ、
冬の間に溜め込んでいた毒素や水分、脂肪などを排出する“デトックスモード”に入るのです。
カラダの大掃除をする絶好のチャンスというわけです!


しかし、骨盤が歪んでいたり、季節の変わり目などによる
精神的・肉体的ストレスで骨盤がうまく開かないと、
デトックスがスムーズに行われずに、
肌荒れやむくみ、不眠、便秘、生理不順、春太りといった不調が起きやすい状態に陥ります。  

春先の疲れやだるさをなくすためにも、 この時期に毒素を身体から取り除くことが大事です!


3月は骨盤ケアとして、「股関節」を柔軟にしていきます。
股関節は上半身、下半身をつなぐ一番大きい関節で、
リンパが集中していて老廃物がたまる部分。

股関節を動かすヨガのポーズによって、リンパの流れをよくし、
老廃物を流すことで下半身がすっきりしてきます。


また、骨盤や脊柱のゆがみは
・花粉症
・アレルギー性鼻炎
などの原因になるとも言われていますので、
股関節を柔らかくしてゆがみをできるだけ改善したいものですね。

股関節にアプローチしたヨガで
骨盤、肩甲骨をゆるめてデトックス!

気持ちの良い春を過ごしましょう~!!

2月のテーマ

2月のテーマ  
『背骨美人になる!』
  ~ねじりで自律神経を整える~

<2月の必須科目> 
★片鼻呼吸法
★三角のポーズ  
★横立ち前屈のポーズ
★捻じった三角のポーズ
★パスチモッターナアサナ
★体の前面を伸ばすポーズ(リリースポーズ)
★肩立ちのポーズ、鋤のポーズ 

<週テーマ>
1週目 『月のポーズ、コブラのポーズ、イスを使ってねじるポーズⅠ・Ⅱ』
2週目 『門のポーズ、バッタのポーズ、イスを使ってねじるポーズⅠ・Ⅱ』
3週目 『ねじった椅子のポーズ、斜面のポーズ、マリーチアサナⅠ・Ⅲ』
4週目 『ねじって体側を伸ばすポーズ、弓のポーズ、マリーチアサナⅠ・Ⅲ』                


風邪、体調不良の方が多い季節です。
屋内と屋外の寒暖差が激しい寒い冬、
この大きな寒暖差で影響を受けるのが自律神経です。

体温を調節するために脳にある視床下部が自律神経を働かせますが
気温差が激しい日が続くと、自律神経はこの調節を頻繁に行いすぎて、乱れてしまいます。

自律神経と免疫力はお互いに影響しあって体を守っているため、
自律神経が乱れてうまく働かなくなると、免疫力が下がってしまい、
風邪を引きやすくなってしまう可能性があります。

また、それによって引き起こされる症状は、
腰痛、肩コリ、冷え症、不眠、だるさ、などの体調不良です。

それらを解消してくれるのが「背骨のねじり」です。

なぜ背骨をねじるといいのでしょうか?

それは自律神経が背骨を経由しているからです。
26個の骨が積み重なっている背骨の間を自律神経を含む多くの神経が通っているのです。
(自律神経とは、心臓や胃腸を動かしたり、呼吸をしたり、
血液を流したりといった無意識に働く体の機能です。)


しかし、普段背骨を動かす機会が少ないため、周辺の筋肉は凝り固まっています。
そこでねじる動作を行うだけで、
背骨とともに胸の部分も動いて深い呼吸ができるようになり、
自律神経も整えられるのです。

寒いと肩に力が入り、背中も丸まり、首、肩、背中は
ガッチガッチになりますね。
やはり予防策としては、運動やストレッチで
血液循環をよくするのが良いですし、
特にねじりのポーズは、バツグンに背中のコリの解消になります。
 
また、ねじるポーズは、腹部をもむというマッサージ効果に加え、
ウエストを引き締め効果抜群です!  


風邪にも負けないように、体の中から温めて、免疫力を高めましょう!!

1月のテーマ


1月のテーマ
『土台である足から整えよう!!』
~基本基礎は土台作りから~
新年明けましておめでとうございます!
今年も皆さまにとって、健康で、幸多き年でありますように!
今年も大きく羽ばたける一年でありますよう、元気や勇気が湧いてくる立ちポーズで、
新たな年のはじまりを迎えてください!
<1月の必須科目>
★腹式呼吸法
★三角のポーズ
★つま先立ちのポーズ
★英雄のポーズ1
★パスチモッターナアサナ
★魚のポーズ
★肩立ちのポーズ、スキのポーズ・・など
<週テーマ>
1週目 『ランジのポーズ、コブラのポーズ、ジャーヌシールシャアサナ』
2週目 『ランジのポーズ、バッタのポーズ、ジャーヌシールシャアサナ』
3週目 『三日月のポーズ、弓のポーズ、片脚割り座前屈、サギのポーズ』
4週目 『コブラのポーズ、三日月のポーズ、片脚割り座前屈、サギのポーズ』
足は二足歩行である人間の体の土台です。
家も土台がグラグラしていれば、上に立つすべてのものが不安定になってしまいます。
足の問題はその上に乗る膝、骨盤、背骨などに影響を与えます。
しっかりした土台」を知っているとヨガのポーズもグンと変わってきますよ!
今月のポイントは、
・「タダアサナ(山のポーズ)」で下半身を安定させ、中心軸を定めます。
・「三角のポーズ」で体全体を使って大きく動きます。腰や体側が よく伸び、
足の長さを整え、内臓が刺激されデトッ クス効果も高いポーズです。
・ 「英雄のポーズ1」で、下半身を強く、骨盤の歪みを調整し、全身を引き締めます。
足の裏の重心、足の伸ばし方、骨盤の角度、下腹部の締め方などを意識して行いましょう。
・座位やうつ伏せのポーズでも土台作りが肝心!
「老化は足からやってくる」と言います。冬は代謝も落ち、脂肪が落ち辛かったり、冷え性にもなりがち。
下半身を十分に鍛えながら集中力、バランス力、体力を養い、足を整え、
美しい姿勢を作っていきましょう!
家をつくる時も、基礎工事が大事。どんなことも土台が大事です!

2019年 12月のテーマ

12月のテーマ  
『肩甲骨ヨガ』~縮んだ身体を伸ばそう~
<12月の必須科目>
★片鼻呼吸法
★肩甲骨ストレッチ
★三角のポーズ
★英雄のポーズ2、リバースウォーリア
★立位の開脚前屈
★ブリックセツバンダアサナ
★座位の開脚前屈
★パスチモッターナアサナ
★肩立ちのポーズ、鋤のポーズ
<週テーマ>
1週目 『牛の顔のポーズ(手と腕)、ワシのポーズ、コブラのポーズ』
2週目 『牛の顔のポーズ(手と腕)、ワシのポーズ、バッタのポーズ』   
3週目 『背面で合掌のポーズ、木のポーズ、弓のポーズ』
週目 『背面で合掌のポーズ、木のポーズ、魚のポーズ』
本格的な冬の季節に入り、冷えや風邪など体の不調が心配になる季節ですね。
寒くなると体が縮んでしまい色んな不調が起こります。
例えば、
・肩の筋肉が縮んで → 肩こりになる
・頭の血管が縮んで → 頭痛が起こる
・血管が縮んで → 高血圧になる
・子宮の筋肉が縮んで → 子宮筋腫が起こる
森羅万象、あたたかくやわらかくのびのびしているものは生き生きとしており、
冷たく、硬くちぢんでいるものは生命力が低くなっている状態だと言えますね。
身体の縮みを改善するため、今月はしっかりと、
肩甲骨をほぐし、温めていきたいと思います!
肩甲骨のあたりは、手足腰、そして首などにつながる筋肉やスジが集中している場所です。
このあたりの血行が悪かったり、凝り固まっていたりすると、
それは全身にも影響するのです。
肩甲骨が凝り固まって動きが悪くなると、
猫背、顔のたるみやシワの原因にもなります。
また、胸の筋肉にまで影響しますので、呼吸が浅くなってしまいます。
全身にも影響してしまうのです。
さで猫背になったり、厚着で肩もコリやすくなる季節。
凝り固まった肩甲骨をほぐし、血行をよくすることが大切です!
末は忙しく慌ただしくなりますが、そんなときこそヨガです!
楽しいお正月を迎えるためにも、日ごろから体調を整えましょう!!